コロナ禍で名古屋の貸し会議室を黒字化するには、民泊業のエアビーは参考になるのか

名古屋の貸し会議室が考える!

こんにちは。

名古屋で貸し会議室を運営しております、『名駅セミナーオフィス』代表の中嶋です。
名古屋駅より徒歩2分、大少6室をご用意いたしております。名古屋で会議室をお探しの際は弊社貸し会議室もご検討いただければと思います。
プロジェクター等の備品は全て無料。トータル低価格にてご利用いただけます。

さて、そんな会議室業もコロナ禍においては非常に経営が大変となっておりまして、なにか経営のヒントにならないかと日経新聞の記事で参考になればと探している次第です。

今回はそういった記事の中から次のものについて考察してみました。

 

民泊エアビー、黒字転換
7~9月、コスト見直しで4四半期ぶり 年内新規上場めざす

このコロナ禍、観光業は軒並み赤字かと思っていましたが、

なんと、あの民泊サイトのエアビーが黒字という記事がありましたので、その中身が非常に気になりました。

といっても、基本的には手数料ビジネスなので、

インフラさえ整えてしまえば、あとは人件費と広告費となりますので、

そのどちらをも削ってしまえば、というところになります。

実際のところ、この人件費が簡単には削れない、というのもありますので、

どうやってコストを抑えていくのかと。

ここ4、5年で名古屋だけではなく、全国で貸し会議室のポータルサイトが

いろいろとできているのもありますし、

それも手数料ビジネスですし、それらが貸し会議室の利用が減ったところで

赤字になる、ということはありませんが、

組織が大きくなって人件費や事務所などの固定費が上がれば、その限りではないと。

最近ではリフォーム業も、この手数料ビジネスや見積もりビジネスが多くなっていて、

工賃ばかりがどんどん安くなっていく中で、

手数料ビジネスを行っている会社自体が人件費を払えなくなってきている

という状態もあるようです。

宣伝費を削っちゃえば、同業手数料ビジネス会社に申し込みを持っていかれるだけになりますし、

その点は、ピンハネだけだあら赤字はないだろう、ということにはならないようですね。

どうしないといけないのか。

もっと業務を簡素化して、人件費を削っちゃうと。

その業務の簡素化とは何か。

手数料ビジネスから権利ビジネスへの移行。

手数料を取るということは、成約まで面倒を見る必要がありますが、

権利を売るだけなら、話を横流しするだけでOKと。

手間が一気になくなりますから。

ただし、その反面、人手がいらなくなる。

人を切らないといけなくなる、です。

組織が大きくなってしまったらそれがなかなかできない、と。

権利ビジネスに移行したいのはやまやまだけど、

それができないのでどうしよう、という話。

話はそれましたが、

エアビーもちょっとした業態の変更と

人件費の大きな削減でもしたのかな、とおもいますが、どうなのでしょうか。

やっと記事の内容です。。。

 

7~9月期の売上高は前年同期比18%減と減収傾向が続く一方、黒字転換を果たした。人件費などのコスト低減が寄与したもようだ。

まぁ、結局のとおころ、人件費削減、とのことです。

社員を25%の1900人削減したとありますが、というか、そんなにいたの?って。。

サイト作成だけ、って言ったらいけないですが、

極端な話、そうですよね。。

もともと8000人くらいの社員がいたと。

社員というのがバイト含めた数だとは思いますが、それにしても、すごい数ですね。。

 

結局のところ、今の売り上げに対して適切な人員で業務を行った、というところでしょうか。

仲介サイトなんで、仕入れが必要ない、つまりは固定費は人件費になるので、

其れさえ削れれば黒字になりますよね。

インフラ開発はすでに終了しているわけで。

うーん、手数料ビジネス、仲介ビジネス、権利ビジネス。

いよいよこういった業態にしないといけないのかな、とつくづく思えてきました。

 

弊社では名古屋で会議室行だけではなくリフォーム業もやっていますが、

こちらは職人を工事があれば野党だけなので、仕事が0でも赤字になることはありません。

今年は不動産業も始めることになりますので、

もし仲介業務を行うとしたら、不動産は商品の仕入れはないので、

広告費が発生するだけになります。

人件費は必要となりますが、社長が動く分には、ねぇ。

仲介業務はやらないですけど。

基本的には、買い取り業者です。

例えばこんな感じですね。

マンションリノベーション 天然素材の家

主にリノベーションです。

簡単で単価の安い、床の貼り換えといったようなのもありますが、基本的には買取してリノベーションしてのリフォーム業態です。

先述べた通り、簡単なリフォーム自体は価格破壊されてますから、はっきりって職人が直接やらないともうからないくらいの仕組みになっています。

私自身も作業はしますが、本格的なおは全て職人にお任せしますので、利益になりません。

見積もり出したり、現地調査をしたりの手間で、実質赤字になります。

お知り合いからお話がきたら仕事を受ける、広告費や成約までの手間がない仕事のみ受けている状態です。

その点、買取したものについては、成約100%に広告費不要ですので。

最後の販売の部分で不動作業者への手数料がはいってきますが、その点は営業や広告費もはいってくるので、自前でやるよりは安いのかな、という気がします。

ということで、今後とも名駅セミナーオフィスをよろしくお願いします。

 

名古屋 会議室名古屋 会議室名古屋 会議室名古屋 会議室名古屋 会議室名古屋 会議室

 

会議室会議室名古屋 会議室

名古屋駅で1番安い貸し会議室『名駅セミナーオフィス』がオープンしました!

関連記事

PAGE TOP