名古屋の会議室比較!『安保ホール』の部屋や備品、その料金や特徴は?

名駅、名古屋駅は新幹線の乗り入れ口として関東や関西エリアからも会議室利用者様が見えると思います。もちろん東海地区の中心でもありますので、東海地区のお客様もあつまります。つまり、愛知県ではどこから来ても中心、ということですね。

そこで今回名古屋駅にある人気の会議室を比較してみました!

今回比較を行ったのは、『安保ホール』とわが社である『名駅セミナーオフィス』になります。安保ホールさんは名古屋でも貸し会議室専門ビルとして、おそらくもっとも古いというか、専門ビル自体がないので、唯一の存在ではないでしょうか。おまけに立地もものすごく良いので、多少は高くなってもビジネスユーザーには非常に人気の貸し会議室だと思います!

他社さんを紹介するみたいにいなってしまいますが、そこはまぁ、仕方ないですね。後学のためにも他社調査、という感じにしていこうと思います!

下記、項目をすぐに見たい方は、リンクをクリックして下さい

    1. 立地と入居物件
    2. 会議室の広さと部屋数
    3. ご利用料金
    4. サービス、その他特徴など

『安保ホール』と『名駅セミナーオフィス』比較内容

名古屋 会議室

さて、今回、どういった内容を比較してくかといいますと、下記の内容になります。おそらくお客様が会議室を選ぶうえで当然重要視している点だと思います。

1.立地と入居物件

駅から近いかどうか、迷わず行けそうかどうか、というのは非常にポイントだと思います。まずはこちらですね。また物件自体があまりにもボロボロではちょっとなぁ、となりますので、そういった部分も重要かと思います。

2.会議室の広さと部屋数

どんな会議室があるかも非常に重要ですよね。当然、利用のスペックに合うものがなければいけませんので。

3.ご利用料金

やはり次に来るのはご利用料金ではないでしょうか。1時間当たりの料金はもちろんですが、プロジェクターなどはほぼ必須になりますので、備品を借りた場合どうなるかなど、ケースごとに見ていきたいと思います。

4.サービス、その他特徴など

会議室の利用時にどういったサービスが可能か、という点になります。お荷物の受け取りやケータリングですとか、場所によってはコンシュルジュ的なものも最近はありますが、そういったサービスを見ていきます。

以上の4点につきまして、見ていきたいと思います。

安保ホールと名駅セミナーオフィスの立地と入居物件

わが社、名駅セミナーオフィスは6室が3物件にまたがっています。一方、安保ホールは、まるっと建物一棟が会議室の建物なので、また後程詳しく見ていきましょう!

名古屋駅 会議室 地図 マップ

こんな感じですね。それぞれの物件は徒歩で2分程度の距離にあります。

所要時間をまとめます。こちらはグーグルマップの計測にて行った時間となります。

施設所要時間と距離
名駅セミナーオフィス ルームA、B地下鉄名古屋駅1番出口 徒歩3分 210m、JR名古屋駅桜通口 徒歩6分 410m
名駅セミナーオフィス ルームC地下鉄名古屋駅1番出口 徒歩4分 280m、JR名古屋駅桜通口 徒歩7分 480m
名駅セミナーオフィス ルームD、E、F地下鉄名古屋駅1番出口 徒歩4分 280m、JR名古屋駅桜通口 徒歩6分 450m
安保ホールJR名古屋駅桜通口 徒歩3分 190m

といった感じになります。とにかく立地は素晴らしくよいです。さすが老舗、専門ビルの安保ホールさんですね!

安保ホールと名駅セミナーオフィスの会議室の広さと部屋数

名古屋 会議室

次にこれは重要ですね。会議室広さ(収容人数で定義します)とその数です。名駅セミナーオフィスは先にも触れた通り6室となります。安保ホールさんは1棟に13室あります。人数によって部屋をつなげるなどして大会議となる部屋もあるようですね。

安保ホール名駅セミナーオフィス
402室他 対面、口の字6~8名 × 2室ルームF 対面8名 × 1室
404室他 対面、口の字10~12名 × 3室ルームB スクール12名 × 1室
201室他 スクール20名 × 4室ルームE スクール18名 × 1室
101室他 スクール30名 × 3室ルームD スクール27名 × 1室
601室 スクール54名 × 1室ルームC スクール32名 × 1室
501室 スクール70名 × 1室ルームA スクール45名 × 1室
301室 スクール108名 × 1室お部屋がありません50名以上のお部屋がありません

部屋数が圧倒的に安保ホールさんが多いのと、最大108名収容の大会場もありますので、いろいろな用途でご利用が可能ですし、予約が多くかぶっても部屋があいてない!ってことがなさそうですね。

安保ホールと名駅セミナーオフィスのご利用料金

次は、重要になってくるご利用料金についてです。これは一番興味があるところではないでしょうか!

まずは、簡単に注目ポイントをまとめますと下記のとおりです。

  1. 時間単位の貸し出しかどうか
  2. 備品は無料かオプション料金かどうか
  3. 他手続きなどお別途費用はないかどうか

それでは、各ポイントごとに見ていきましょう。

1.時間単位での貸し出しは?

名駅セミナーオフィスの場合、単純に単価×時間と、8時間、12時間の場合はパック料金が存在しています。

安保ホールさんは名古屋ではちょっと変わった形式をとっています。既定の利用時間(2時間か3時間)は高く、以降は若干安めの一時間追加でいくら、といった感じですね。実は弊社もこういった方式にしようかと思ったのですが。利用時間がすくないと、掃除料金だけでおわってしまって。。

  • 安保ホール 料金表(料金表が膨大になりますので、一例を示します)
人数口の字8名口の字12名スクール20名スクール30名スクール54名スクール108名
1時間料金5,830円(2時間)
3,960円
7,260円(2時間)
5,170円
9,460円(2時間)
5,940円
11,550円(2時間)
7,480円
18,150円(3時間)
11,330円
24,640円(3時間)
14,850円

割高1時間料金(その際の利用時)を上段、以降の追加1時間料金を下段に記載しています。

  • 名駅セミナーオフィス料金用
人数対面8名スクール12名スクール18名スクール27名スクール32名スクール45名
1時間料金2,189円
1,830円~
3,289円
2,657円~
3,839円
3,116円~
4,389円
3,666円~
4,939円
4,124円~
7,359円
6,416~8,799円

名駅セミナーオフィスはルームA(スクール45名)のみちょっと変則的ですが、あとは通常料金からむしろ安くなる感じですね。

>>詳しくはこちらをご覧ください

2.備品は無料かオプション料金かどうか

会議室 プロジェクター

安保ホールは備品に追加料金が発生します。名駅セミナーオフィスはすべて無料でついてきます。

  • 安保ホールの主な備品の追加料金
項目50インチモニタープロジェクター
(大部屋/小部屋)
スクリーン
(大/小)
マイク、スピーカーWeb会議セット
料金8,800円16,500/11,000円3,300/2,200円5,500円19,800円
  • 名駅セミナーオフィスの備品、サービスでの追加料金

ごみ処理費用:1,000円(税込み)

ですね。

以上が代表的な備品の料金となります。もっといろいろと細かくありますが、そちらはHPを参照ください。

3.他手続きなどお別途費用はないかどうか

こちらは特にありませんね。

安保ホールと名駅セミナーオフィスの使用例から料金比較!

それでは具体的に比較できる部屋にてケースバイケースで見ていきましょう!

まず、10名以下の利用の場合、安保ホールに適性がないので、ちょっと比較範囲は狭いですが、15名~40名のいろいろなケースを見ていきましょう!

使用例1:15名で13~17時(4時間)でセミナーをした場合

内容安保ホール名駅セミナーオフィス
使用会議室201室他 スクール20名ルームE(スクール18名)
時間料金9,460円×2時間+5,940円×2時間
30,800円
3,839円 × 4時間
15,356円
備品料金プロジェクター小:11,000円
スクリーン小:2,200円
プロジェクター:0円
スクリーン:0円
ケーブル:0円
合計金額44,000円15,356円

いきなり大きな差が出てしまいましたね。やはり安保ホールどうしても備品料金がかなりかかってしまいます。3倍近いです。立地と設備と物件も素晴らしいのは間違いないですが、15名でこのクオリティを求めるお客様は、一部上場企業とか、でしょうか。でも、この価格でも需要があるってことですもんね。勉強になります!

使用例2:20名で9~17時(8時間)で試験をした場合 備品なしで2名掛けで使います!

内容安保ホール名駅セミナーオフィス
使用会議室101室他 スクール30名ルームC(スクール32名)
時間料金11,550円×2時間+7,480円×6時間
67,980円
8時間パック
32,989円
備品料金なしなし
合計金額67,980円32,989円

試験会場ということで、プロジェクターも何も使わないで、ただただ部屋を借りる、という状況の場合。それでも倍近くしてしまうのは、なかなか使うのに勇気がいるなぁ、という気がします。

使用例3:4名で10~17時(7時間)で契約や面談をした場合(安保ホールにしかない小さい部屋で備品なし!)

内容安保ホール名駅セミナーオフィス
使用会議室202号室(対面6名)ルームF(対面8名)
時間料金4,450円×2時間+3,410円×6時間
30,360円
2,189円 × 7時間
15,323円
備品料金なしなし
合計金額30,360円15,323円

ちら安保ホールさんが一番有利になる条件です。人数をより絞って備品なしで、名駅セミナーオフィスの割引の効かない時間でと。ちょうど、倍ですね。貸し会議室専門の物件になると、ここまで価格設定ができるのあと思うと、ほんとうらやましいです。。

使用例4:40名の説明会を9-17時(8時間)でいろいろセットを使ってみます!

内容安保ホール名駅セミナーオフィス
使用会議室601室(スクール54名)ルームA(スクール45名)
時間料金18,150円×3時間+11,330円×5時間
111,100円
午前午後パック
51,689円
備品料金プロジェクター小:11,000円
スクリーン大:3,300円
マイク、スピーカー:5,500円
演台:0円
プロジェクター:0円
スクリーン:0円
マイク、スピーカー:0円
演台:0円
合計金額130,900円51,689円

こちら、よくあるパターンです。大きめの部屋で長時間の際はかならずすべての備品を使ったりとかしますので、大体このような感じになると思ってよいかと思います。しかし、すごいですね。これはもう、ビジネスユーザーしか手が出ません。おそらく、そのクオリティからそう割り切っているのでしょう。うらやましい戦略です!

以上で、実際の使用例として比較してみました。

安保ホールさんはその物件や設備のクオリティのため、非常にお値段としては高くなりますが、この料金でお客様が納得されるというのあるのでしょう。

正直な床尾r、うらやまし限りです!

サービス、その他特徴などについて

上記以外のもについて、安保ホールと、名駅セミナーオフィスを比べてみましょう。こちらはやはり安保ホールが圧倒しているでしょう!

安保ホール名駅セミナーオフィス
  • 一等丸ごと会議室物件でのクオリティはさすが!
  • もちろん有人対応になります
  • 少人数から100名超の部屋までいろいろあります
  • 駅近、第名古屋ビル人ぐの裏手にあります
  • それゆえ、部屋料金はかなり高めの設定です
  • 備品も有料備品が多く高めの設定です
  • ケータリングなども充実しています
  • 備品無料なので、備品をフルで使いたい場合は断然こちら!
  • 24時間ご利用可能ですし。
  • ルームA以外は、曜日、時間による料金変更はありません。
  • お弁当の発注もあります。
  • お荷物の送付も可能です。
  • ルームAのみ有人で、他は無人になります。
  • 3物件に分かれているので、同時利用には注意が必要。
  • 小、中規模の会議に便利です

安保ホールの利点は、やはり部屋料金も備品料金もかなり高めの設定、ということでしょうか。名駅セミナーオフィスは、いかにしてコストを下げようかというとことでルームAの事務棟以外は無人です。

名駅セミナーオフィスは無人対応で、備品を充実させることで低価格を実現しています。最低限の荷物送付なども行えますので、小中規模のセミナーや説明会で備品を使いまくって、ということで非常に有利になるものと思います。

安保ホールと名駅セミナーオフィスの比較まとめ!

以上の通り、安保ホールと、新名駅セミナーオフィスを比較してきました。これらのことをまとめてみます。

  • 50名を超える大人数での集まりは安保ホールにしかできない
  • 安保ホールと名駅セミナーオフィス、どう規模部屋で備品をかりまくると、安保ホールは3倍高くなってきます
  • とにかく一棟まるごと会議室物件と、3物件に分散している名駅セミナーオフィス
  • 長時間の利用や、備品をしっかり使う場合は、断然、名駅セミナーオフィスがおすすめ

以上が、安保ホールと名駅セミナーオフィスの会議室の比較です。参考になりましたでしょうか。

弊社の会議室のほうが利用にあってる、という方は、ぜひサイト内ご覧ください!

会議室 問い合わせ

会議室 お申込み

関連記事

PAGE TOP