ボルボも変えるビジネスモデル

名古屋駅前にて格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

ボルボ 買わずに使える
クルマの半分 定額制で提供へ

シェアビジネスが台頭している昨今ですが、ボルボまでもがなんかやり始めるようです。

リースと何が違うのかわかりませんが、記事を読んでみようと思います。

自動車という瀬品であり、ましてや下記外のメーカー。

名古屋駅の格安貸し会議室、という観点から、どう勉強になるかは

全くの疑問ですが。

内容的には、カーリースとあまりかわらないかな、という感じですね。

毎月定額でいろいろなサービスを受けられると。

車を借りるだけではないようです。

そのあたりが、これまでのリース契約とは違ったところでしょうか。

用途に応じて車種を変えられたり、というのもあるようです。

ボルボがもっと狙っているのは、

ユーザーと直接つながる、ということらしいですね。

ユーザーとつながるというか、貸会議室をわずかながらおこなっていてもあるのですが、

使うという状況に至るまでもいろいろあったりします。

そのいろいろある状況が、ただ売れた、というだけではわからないことがたくさんあるものと思います。

自動車などはオプションだのなんだのと、いろいろな用途なり要望なりがたくさんあるわけで、

購入に至る過程にものすごい情報があるのだろうな、と。

もう一つは、リースにすることで、その途中経過の状況もわかりそうですね。

自動車が売れて終わり、となる状況では、

ユーザーがどういう使い方して、どういった不満があって、どうしたくって、

という買った後の状況というのは、

よっぽど何かあって販売店に持ち込まない限りは、

情報としては吸い上げられないものと思います。

どんな商品でも同じことなんでしょうけど。

自動車という製品としては、そういったモニターがリースやレンタル、という形なら

よりリアルタイムに、かつ詳細にわかることでしょう。

先日も、トヨタがカーシェア会社の情報をほしい、なんて記事がありましたが、

自動車会社からしたら、ものすごい情報なんだろうな、と。

あとは、自動車が慈雨者だけでなくなるようなサービスもしているようですね。

携帯をキーとして、自動車を宅配ボックス代わりに使う、というのもあるらしいです。

あとは、自動車のキー自体がなにかのトリガーになるようなもサービスもあるとか。

洗車とか、車関連で。

クレジットカードのようなものでしょうか。

今後はEVにシフトしていく中で、そういったサービスをいろいろやっていこう、

みたいな記事でした。

確かに、これまでの自動車は、メーカーは販売店に販売を委託して、

買ってもらったら、あとは販売店や町のサービスステーション的なところが整備する、

という形ですね。

自動車の設計、製造については、

販売店を通じての情報がメイン、でしょうか。

販売店とメーカーがどれだけ濃くつながっているか、はもちろん重要かと思いますが。

一販売員がどれだけ顧客から情報を吸い上げられて、

メーカー側にフィードバックできるか、というのも、ひとつのポイントなのかな?

ただ、どうまとめても、生のやり取りほど濃いものはないのは事実。

まとまった箇条書きの情報では、なんの情報にもなってない、

というのは、実際に名古屋だけでなく、新宿や大阪で貸し会議室を運営してみて

よーくわかりましたよ。

たいして機能のない会議室だけで、です。

自動車や、最近はほとんどの機器がものすごく高機能、多機能になっているわけで

また、製作者が意図しないつかいかた、なんてのも、

ユーザーが作ってしまってりというのはよくある話で。

そいういうやり取りっていうか、過程の話のほうがよっぽど情報量があります。

これからはそういった情報を集めよう、という時代なのかもしれません。

自分が勉強会にいっているところでも

実際に事業をやっている人が講師となってますが、

やっぱりコールセンターだけは自前で用意しています。

というか、そのほかはシステム使ってだとか、

極力自動化させて、とにかく人を否定しろ、という方針ですが、

コールセンターだけは、

その対応の一言一句だけは必ずこっちで精査しろと。

コールセンターというとクレームのイメージがありますが、

受付全般ですね。

われわれ零細企業の場合、とかく秘書サービスなり、

そういったところに任せる、なんてところもありますが、

それ、絶対やっちゃダメ、と。

で、そのフィードバックは、一言一句漏らすな、と。

どういう言葉づかいで、どういう口調で。

そういった情報まで、販売店からメーカーにいくのか。

行かないですよね。

ましてや、販売店がまとえてしまって要望を伝えて終わり、

なんてのは、ユーザーではなく、販売店の意思でしかないですから。

と、やってみて、聞いてみてはじめてしることもおおくて勉強になるな、と。

自動車会社もそういった情報を、

あとは、使用時のリアルタイムの情報も、必要とし始めたのかなと。

これで自動車というもの自体が、また大きく変わるのかな、と思うこの頃です。



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ