名古屋駅前貸し会議室が考える、メルカリがリアルに進出できる理由

名古屋駅前にて格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

メルカリが自転車シェア
福岡市で、「リアル」事業初参入 アプリで確保、乗り捨て

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

ネット事業者のリアル参入ですね。
最近はネットからリアルに。リアルからネットに、という相互の行き来が多くみられます。

弊社名古屋でやっております、貸会議室はもちろんリアルで、
それをネットにするならどうしたらいいのか、というのはちょっと考えたりしますね。

ネットだと、経費かからないですからね。
プラットフォーム作成代は必要ですが。

まぁ、それがめちゃ高額なんでしょうが。
バグ対応やメンテやバージョンアップや、OS対応とかも大変でしょうが。

なによりセキュリティですか。

そう考えると、リアルの方が限定性があって、楽なのかもしれませんが。

貸し会議室、ネットでやるなら何がありますかね。
すでにスカイプとか、ネット会議なら無料になっちゃってますからね。。

格安どころか、無料ですw

さて、表題にあるように、今回メルカリがリアルで、サービス内容としてはシェア自転車をやるってことで
記事になっております。

リアルでうごくのはアパホテルなのか、業務提携するとのことです。

このリアルで一番問題となるのは、やはり、時間と空間。

ネットはこの時間と空間をすっ飛ばすことで、無限の広がりになるわけですが、リアルではこの時間と空間が
もっともやっかいというか、拡散を阻害するものでして。

で、この空間的な部分をアパホテルの各地に点在する拠点で賄おうというところのようです。

うーん、アパホテル。

ちょっとリアルの拠点としては、少ない気がしますね。
どこでも乗り捨て、というわけではなく、このアパホテルの所有地、がポイントになるようですので。

で、もちろん同業に乗り込むところもあって。

リアル拠点の王様といったら、今はコンビニでしょう。
セブンイレブンもはソフトバンクと組んでのシェア自転車事業とのことです。

これは強いですよね。

セブンイレブンだったら、どこにでもありますから。
たぶん、街中だったら500mくらい回ればどこにでもあるんじゃないですか?

このセブンイレブンはロケーションビジネスをほんとに追及しているなっていうのが感じられます。

今回のように拠点の多さで勝負するものや、遊休スペースや付随スペースをどう使うかとか、
ふたつの意味でのロケーションをほんとに追及してんだろうな、というのを感じますが。

ソフトバンクは、通信系ならなんでもとりあえずやってみよう、という雰囲気もありますね。
もちろん、メルカリも一般ユーザーに対するアプリなどもつよいですが、
それを乗っける携帯を使っているソフトバンクなら、もっと強いですよね。

まぁ、携帯のキャリア云々というより、宣伝とか、そういった部分ではより広い気がします。

で、あとは、LINEと中国のモバイク。

さて、このシェアバイク、自転車ですが、事業としてはどういったフェーズになるのでしょうか。
シェア、という意味では、自動車もありますい、

弊社が名古屋で行っている貸し会議室だって、シェアです。

ホテルも広い意味で言ったらシェアでしょう。

シェアという事業は昔からある概念として、その一つのウェーブとして、今自転車が上がっているわけですが。
そういう実では、小さい山での成長期になっている、という感じでしょうか。

つまりは、お金のある大手が実験的にできるフェーズで。

で、順調にい成長に載れるかといわれると、、わかりませんね、これは。

まずは、浸透するか。

みなさん、自転車乗ります?
私、ここ何十年、のってませんw

駅までは徒歩。駅降りてからも、徒歩。

競合は何か、を考えると、名古屋でいえば、自動車ですかね。
地下鉄のある所なら、地下鉄。

といっても、名古屋はほんとに、中心地の名古屋駅や栄くらいしか地下鉄使えませんからね。

他に行こうとしたらピンポイントならいいですが、ぐるっと回ろうと思ったら自動車がないと、無理。

そのカバーを自転車で買われるかといったら、無理!

そういう意味では、名古屋で自転車使ってるっていうのは、
自宅から駅くらいなんじゃないかな、という気がします。

東京はいろんなところに、いろんな観光地だとかお店があるんで、
自動車で遠くまでいくより、電車でちょっとか、自転車も使えると思いますが、

あとは自転車の労力+値段が便利な地下鉄に勝てるかどうか、でしょうか。

中国では一足先にシェア自転車がはやってましたが、

管理の部分で無理が出てきたようですね。

中国ですから。。

その利用方法がちゃんとされるかどうかなんて、想像に難くないわけでして。

その点、日本人の場合、管理は一般ユーザでもそれなりにちゃんとしてそうですし、
そういった部分でのハードルは低いのかな?

ただ、弊社貸し会議室を無人でも運営している会議室がありますが、
なかなか、そうもいかない利用者もいるのは確かです。

ちゃんとした団体だとか、個人情報だとか登録しているにもかかわらず、

そんな使い方、する?
会議室でなにしたん?

っていう人たち、いますからね。

まぁ、ひと月に一件あるかどうかですが。

さて、このシェア自転車。
どこまで成長できるのでしょうか。

シェア自転車が当然という時期になったら、小さい企業もできるようになるのかな。

でも、競合を考えると、スタートからものすごく安い乗り物にしかならない気がしますから、
やるうまみというか、儲ける、という物にならなさそうなので、
ちょっと無理な気がしますね。

それこそ、コンビニ拠点なら、借りるタイミング、返すタイミングでコンビニ寄っていきそうなんで、
そういう意味ではセブンイレブンが展開するのは大いに意味があるかもしれませんね!

貸し会議室には全く関係しませんでしたが、まぁ、名古屋という地域性のはなしとして
ちょっとはかすったのかなw



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ