ルームC 備品ご利用方法の紹介(マイク)

 ルームC 備品のご利用方法の詳細を掲載いたします(無線・有線マイク編)

 

ルームCは24時間ご利用可能なセルフ会議室となっております。

 

セルフということで、備品のセッティングなどが大変なのでは?

と思われるかもしれませんが、そのようなことはございません。機械設備が苦手な方でも簡単にご利用ができるようにご用意いたしておりますので、ご安心ください。

また、電話サポートも行っておりますので、もしもの時もご安心ください。

 

今回は無線・有線マイクのご利用方法を詳しく解説いたします。

 

パネルまず、全備品に置いて共通なのですが、備品の元電源を入れていただく必要がございます。こちらは備品パネルに設置されている備品電源スイッチをONしていただくだけで結構です。

また備品類はすべてこちらの備品パネルに集約されております。

こちらの電源をONしていただくと、備品ランプが点灯し、ボリュームつまみを照らしますので、備品電源のON、OFFが一目でわかるようにしてあります。

また終了時にはこちらのスイッチをOFFにしていただくことで、全ての備品類の電源が落ちますので、各備品の電源を確認する必要はございません。

 

マイクマイクは備品棚中段に収納されております。

無線マイクは充電器に設置されております。

有線マイクはその奥のケースの中に収納されております。どちらを使っていただいても構いません。

お使いになった後は元の位置にお戻しください。

 

ボリュームまずは無線マイクのご利用方法を説明いたします。

備品電源をONしていただければ、あとはマイクスイッチをONしていただければご利用可能です。マイクボリュームついては、備品パネルにございます「wireless mic」のボリュームツマミを調整いただけます。

ご利用が終了時には、マイクをもとの位置に戻していただき、備品電源スイッチをOFFにしていただくだけで結構です。

 

次に有線マイクのご利用方法です。

こちらは備品棚より取り出したあと、マイクについておりいますコードを備品パネルにございます「wired mic」の端子部分に接続いただきます。

こちらはマイクにスイッチはございませんので、あとはボリュームツマミにて音量を調整いたします。

終了時にはコードをまとめていただき、元の位置にご返却ください。

 

マイク音声が出力されない場合の対応

 

無線マイクが出力されない場合は次のことをご確認ください。

マイクボリュームが小さい可能性がございます。ボリュームツマミを回してください。

マイクスイッチは入っていますでしょうか。スイッチをご確認ください。

マイクの充電が不十分の可能性がございます。もう一方のマイクでお試しください。もしくは充電器のランプがついていることをご確認の上、時間をおいてからお試しください。

また、ノイズが入る場合も、充電状態が足りないことが原因と考えられますので、もう片方のマイクをお使いになるか、時間を置いてお試しください。

 

有線マイクが出力されない場合は次のことをご確認ください。

コードは備品パネルの差込口にはまっているでしょうか。またしっかりと奥まではまっているでしょうか。なお、有線マイクに電源スイッチはございません。

有線マイクボリュームは適切でしょうか。ボリュームツマミを回してみてください。

ノイズが入る場合は、マイクを持っての移動の際にコネクター部分がうごいている可能性があります。コードをフックに掛け、コネクター部分が揺れないようにしていただければと思います。

 

 

 

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ













名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ