名古屋駅前貸し会議室が考える、ヤマダ電機のリフォームがうまくいかない理由

名古屋駅前にて格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

ヤマダ復活 住宅にかける
リフォーム出身 三嶋社長発表 「家電の次」道半ば

ちょっと古い記事になっちゃいますが、ヤマダ電機がリフォーム事業を柱にしていこう、という話ですね。

パナソニックもそうですが、家電メーカーがリフォームを始めるのは、

その家電販売も抱き合わせでやっていく、ということから行っていますが、

ヤマダ電機も、リフォームついでに家電を売って、ということでしょうが。

記事で初めて知ったんですが、ヤマダ電機って、エス・バイ・エルという住宅メーカーをずいぶん前に買収していたんですね。

業績としてはいまいちらしいですが。

まぁ、いずれにしても、量販店は厳しいということで、やはりネット通販の台頭がいたいと。

記事では、今や家電を購入するのに、量販店でそのまま購入する人は3割にみたないと。

だって、ネットの方が安いって、わかってますからね。

うちの親みたいに、ネットをしらない人たちが買うんでしょうか。

いや、親ができなくても、自分が注文しちゃいますからね。

記事の締めでは、

「家電量販店は、食品スーパーなど顧客の来店頻度が高いものと一緒の方がシナジーを出しやすい。住宅との相性は悪い」

とありました。

まぁ、それがほんとかどうかはわかりませんが、今現在の業績が伸びてない、という話からすると、合っているのかどうか、と。

しかし、今やどこもかしこもリフォームですね。

弊社も名古屋での貸し会議室を展開しておりますが、リフォームもやっております。

なかなか難しくはありますが、事業規的に、月なん十件とらないと、というのはまず望んでないので、

仕事がなかったらどうなるの、っていう話は今のところありません。

リフォームのいいところは、固定費がかからないってところですね。

人をリフォームように雇っていませんし、

材料購入もリフォームがきまってからでいいので、注文がなければ収支0円なだけで、

赤にはなりません。

うそ、広告費くらいはかかりますね。

といっても、知れてます。一回注文があれば十分お釣りが来ますから。

量販店の場合、どうなんでしょうか。

人員が固定されていれば、当然固定費が発生しますし、

折り込み広告だけでも結構な頻度で見ますし、TVCMもながしているでしょうから
広告宣伝費だけでも相当額必要な気がします。

損益分岐がどれだけの発注量かはわかりませんが。

量販店と、零細企業のリフォーム屋とは性質が全然ちがうということになりますが。

いるものプロダクトライフサイクル、という話をすると

リフォーム業界は、おそらく成熟期に入ったんじゃないでしょうか。

正直、お客さんがかなり開拓されています。

それは、ヤマダ電機だけでなく、イオンだとか、ホームセンターだとか

大手量販店が尾ぞって入ってきたおかげで、

価格面でも、以前は「悪徳リフォーム」といった呼び名もあったようなイメージも

ちょっとは明るくなったのでは?とおもいます。

あとは、次代の流れで、新築マイホーム、から、

身の丈にあった中古物件でいーや、的な考えも増えてきたように思います。

政策も中古物件の回転を上げようっていうことになってますし。

なので、弊社もそこに乗っかりました。

そんな厳しそうなところになんでーって。

いや、零細企業は、成長させないといけないフェーズの商売には参戦できません。

成長させる力があるか、そのまだ顧客が少ない状態でお客さんを取れるか、とか。

そういう状態で儲けられるのは、よっぽど流れに乗って行けた1つの会社か、

広告バンバン入れられる大手企業だけです。

もっと浸透してこれば、こういういろいろなリフォームの形態が表れて、

それが当然としてお客様にも浸透すれば、もうちょっとうちも大きくなるのかな

と勝手に思いつつ。

まだまだ、おそらくショールームの相談窓口でいったん相談してから話を進める

という販売形態が主流かとおもいます。

これからいろいろ進化して、細分化され、単純化され、専門性にむかっていくことで

もっと隙間ができるものと予想しております。

われわれができるのは、その隙間をついていくこと、ですね。

名古屋駅前の貸し会議室に全く関係のない話ですが、

貸し会議室を作るうえでは、このリフォーム事業は結構関係しているわけで。

施工なんかは、おそらくオフィスを構えようとしている企業の1/3以下のコストかな、

と思ってます。

不動産は初期投資が全てですからね。

さて、貸し会議室にいは全く関係ないですが

弊社の事業と仕手関係のあるリフォームだったので、ちょっと考えてみました。



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ