鉄道会社と不動産

名古屋駅前にて格安貸し会議室を運営してます「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

「不動産で稼ぐ」東急の決意
鉄道分社化、27年ぶり高値

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

組織の進化の過程でいろいろ生まれる事業とか

東急といえば、鉄道も聞きますし、不動産も全国的に名前がある大企業ですが。

ホテルもありますかね。

なにしろ、そういう大きなところだと、いろいろとやってるわけでどれが本業かもうわからないかと。

自動車メーカーくらいでしょうか。

自動車が頭抜けているのは。

住宅メーカーだと、もういろいろとやってますよね。

建てるだけでなく不動産もセットになりますし、それに付随したサービスも全部商売になるわけで。

それらが成長しちゃうと、もうどれが本業かわからない、と。

方業でなくって、こじんまりとで終わっている会社は、おそらく力の入れ方が、

同族会社で身内が事業に手を出した、レベルかなと思いますが。

この成長って、どうなんでしょう。

組織が大きくなる過程で必ず出てくるのは、組織の細分化と単純化による専門性、です。

はじめはあらゆる仕事を一人で、社長で行っていたものを、営業を切り離したり、経理を切り離したり

と、社長から離れることで細分化され、業務は単純になり、それゆえ専門的になっていくと。

弊社の貸し会議室といえば、、代表である私は実務はしていませんが、

頻度の少ないメンテナンスや、パートさんとの人事的な部分はすべてやっています。

ので、貸し会議室部門、という意味では独立されていますが、

業務をこなしているだけなので、まだ専門性に走ってはいないですね。

そうしたいと思ったら、人材を入れないといけない、ということになるでしょう。

さて、東急の話ですが、表題では不動産でやっていくと。

鉄道を分社化して切り離すらしいです。

分社ですかー。名古屋には名鉄という私鉄があります。

名古屋鉄道。

ここもいろいろ手を出していますが、分社化されているのかな?

知り合いが結構名古屋鉄道運営のテーマパークにいたりします。

あ、うちの兄貴も、系列のホテルに一瞬入社しましたね。

という感じで、ホテルからレジャーから、パーキングはじめとした不動産もやってますが、

そうなると、やっぱり分けちゃった方が、いい規模なんでしょうね。

いや、等級のように全国区ではないとおもうので、まだ本社経営なのかな?

で、この東急の鉄道事業の分社化は市場では好意的に受け止められたようです。

分けることで事業が明確になると。

儲けも今や不動産がメインのようで、ようするに、鉄道を切り捨てた、みたいな感じでしょうか。

これ、社内でもめたんじゃないでしょうか。

鉄道部門の人間からしたら、こっちがあったからお前ら成長できたんだろと。

大きくなったらバイバイかよ!って。

しかも、鉄道が分社のほうですからね。本部門は不動産。

不動産部門からしたら、うちらの儲けはうちらでいただきまーすって感じでしょうね。

鉄道会社が不動産をやるってインチキ臭い。貸し会議室はだれがやるべき?

で、そういった葛藤はもちろんあるんでしょうか、そもそも鉄道会社がテーマパークやホテルなどの

不動産事業をするというのが、そもそも必然であり、インサイダー的なのはないかなぁ、ともったり。

大体交通手段が便利であるところが地価が上がるわけで、

その最たるものは鉄道。

不動産の売り文句は、駅近。○○駅まで徒歩○分。

これだけで随分と価値が上がりいます。

路線を計画する鉄道会社が完全に有利に決まってます。

どういう経緯で鉄道をここに引きますよっていう手順を踏むかはわかりませんが、

他の会社や個人が入手する前に、土地買えますしね。

二束三文の土地に向かって線をひっぱれば、そこは宝の山になっちゃうわけで。

あとは、地価を上げたはいいけどその後の施設が維持できるかというのは、別物かと思いますが。

実は、名古屋鉄道がやっているテーマパークも、

儲からないので身売りの話もあるくらいです。運営がやっぱりうまくいかないのかな。

最近は聞かなくなりましたが。

それを考えた時に、貸し会議室は本来誰がやったらいいものなのか。

もしくは、貸し会議室をやることで、何が生まれて何を商品にできるのか。

まぁこれを考える前提は、やはり大手でしかありえませんので、

貸し会議室最大手のTKPさんだったらどうするんだろう、どうしてるんだろう、と考えます。

先日、あの大塚家具に手を出しました。

この家具、ひいてはオフィス家具につなげたいのだと思いますが、

そっち形を視野に入れたものと思います。オフィス家具はもともと自社用につくってますので、

それを何か発展させたい狙いがあったのかな?

あとは、そもそもスペースを持っているので、それを会議室以外にどうかと。

大塚家具も、そういった視点でも見ていました。

お客さんの少ない平日をどうつかうか、と。

その後、なにも動きがないので、なにもしていなのあかな?

誰がやるべきか、という話を考えた時、TKPさんは会議室が本業なので、ちょっと置いとくと、

やはり大手のオフィスを持っているところ。

不動産会社が単純にやればって話です。

たしか、エリアリンクさんがやっていますが。規模もそれなり。

ただ、おそらくですが、貸し会議室業自体のパイがあまりないので、

そこまで発停しないものと予想します。

あとは、立地がかなり限定されますので。

テーマパークなんてのは立地はほぼ関係ないですし。魅力的ならそこに人は集まります。

最大のテーマパークは沖縄そのものと思っているほど沖縄大好きなんですが、

名古屋からでも毎年行きたくなりますよねw

ハワイやグアムだって、同じ感覚じゃないでしょうか。

残念ながら、貸し会意室はテーマパークになりえません。ニーズ商品です。

何かこう、あそこに行きたいよねっていう貸し会議室、ないですかね。

いまのところ、全く見ていませんし、貸し会議室最大手のTKPさんも、そういった手の出し方はしてません。

そういうのは、大手がまずやってみないと、です。

名古屋駅の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ