貸し会議室と就職活動

名古屋駅前にて格安貸し会議室を運営しております「名駅セミナーオフィス」です。

スクール形式口の字形式シアター形式

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

今回、下記の記事について考えてみました。

就活ルール廃止 中小企業に波紋
大手の「青田買い」助長懸念、独自の採用を模索

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

貸し会議室には重要な就職活動

さて、数年前から採用時のルールについて、あっちいったりこっちいったりしている学生の就活ですが、これは貸し会議室業からしたらかなり大きな出来事になります。

いわゆる繁忙期というのが、この採用試験、企業説明かになるからです。

正直なところ、弊社の施設の場合、高級ではありませんので、採用初期にはあまり関係しません。スタート時はトヨタだとか、そういったところがまずは動きます。

そういった企業はTKPさんだとかの大手の相当人数の入る、見た目も高級路線でいってる貸し会議室をレンタルします。

弊社の場合、規模が小さいのと、物件自体はきれいですが高級感、というのはちょっと違う路線ですので、そういった一部大手上場がお客様を招待するような用途ではないかな、というのはあります。

社内会議などの内輪の用途では使っていただいてますが!

ただ、会場が必然的にとりにくくなってきますので、押し出されたお客さんに選んでもらえる、という状況も起こりえます。

で、こういった大手一部上場企業が一覧堕落すると、次の中小企業の番になります。

そうなると、弊社のような小さめの貸し会議室をご利用いただけるようになります。

一度担当者の方とも話したことがあるのですが、やっぱり大手の動きを逐一確認しながら計画を立てると。

で、ここ何年かの就活ルールの変更なんかはやっぱり厄介なようです。

その計画をどう立てるかが、毎年の流れと変わってしまってたまらない、と。

こちらの日経新聞の記事でもある通りですね。

で、今後、そのルールがまた変わってしまうと。

就活時期を等に定めない、「通年採用」を行うとのことです。

うーん、なんでしょう。

通年採用って今でもやってないんですかね。

スタートダッシュは、それはレベルの高い学生を確保したいために、できるだけ早くスタートして、上から順に取っていく、という発想かと思いますのでそれ自体はあまり変わらないように思います。

で、それが一段落過ぎても、結局まだ枠があまっていればそのまま採用は続けるのでは?と思うのですが、そこに何か規制があったのでしょうか。

中小企業が採用を遅らせる理由は、仮に先に内定を出したとして、その学生が大手企業にい受かってしまえばそちらにいってしまう、ということからです。

それが通年採用になると、遅い時期に取ったとしても、まだ大手が採用をしているからそっちに流れる、という論法ですが。

果たして、大手に行きたい、と初めから思っている学生がそこまで残っているのでしょうか。

優秀、と判断されるような学生が、その時期まで売れ残っているのでしょうか。

結局はいつもの採用と変わらないような気もしますが、どうなんでしょう。やってみないとわからないですね。

通年採用が貸し会議室に与える影響は?

で、問題は、その就職活動のルールが貸し会議室業にどう影響するのか、ですが。

まず、大手もだらだらと採用をするということは、あまり大々的な説明会や採用活動をしなくなるように思います。

なので、必然的に規模が小さくなっていくと。

あとは、予算の問題として、高級路線から汎用路線になった場合、やすくても住居用マンションの一室を会議室したような場所では、ちょっと企業としてどうか、になるので、

弊社のような小さめのオフィスビルに入っている貸し会議室などは手頃ではないかと。

人数的にも40名とか30名とかであればちょうどよいですし。

あとは、それに押し出された中小企業の採用活動場所がどうなるか、ですが、あふれる分だけいろいろお客さんがまわってこないか、という期待もないわけではありません。

ということで、通年採用になった場合、大会場はむしろ利用しいにくくなるのでは、という気がします。

採用時に対応する人数も減ってくれば、それだけ小さい会場のほうがいいですし、面談をするにしても、その回数がふえるようなことになれば、予算的な部分もでてこないかな、と。

そういったとき、ちょうどいい、という貸し会議室であればいいな、と思います。

そういった予想などというのは、決して当たるとは思っていませんので、どうなるか今年の動向に注目です。

通年採用は来年からかな?

いずれにしても、部屋数を増やしている関係もあり、会場数が増えないといけない状態があれば、なおよし、といいうところでしょうか。

まぁ、その通年採用ルールも、またいつ覆されるかわかりませんが。

どうなっても対応できるようになりたいですね!

名古屋駅前格安貸し会議室、「名駅セミナーオフィス」でした!



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ