恐ろしい!SNSの個人情報

名古屋駅前、格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

誰より知っている
「最適な広告」心を操作

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

ちょっとあまり穏やかな表記じゃないですね。

心を操作って。まぁ、いろいろマーケティングなんてのがありますが、

買わせるようにいかに人の心理を誘導するか、ですから、いまさら広告に限らず、

あらゆる努力をして、お客さんの心を操作している、といってもいいのかもしれません。

その手法が、年々、進化しているわけですね。

 

広告の最適表示を利用すると何ができるのか

その最先端が、残念ながら、詐欺集団に思えてならないのは、私だけでしょうか。

あれだけいろいろすべての流れを新しく作れるのって、相当な天才じゃないですか?

まぁ、弱者を狙ってるだけじゃん、という言い方もできますが。

いや、あれは商品設定がお客さんにとって最適なものを選べるから、だませるわけですね。

そういう意味では、ターゲット設定ありきで。

マーケッターといいうより、商品企画を真剣にやればそれだけ成果が出る、

ということでしょうか。

さて、ちょっと話はそれましたが。。記事の中身はというと。

 

データエコノミーをご存知ですか?貸し会議室でも、使えないかな

記事によると、フェイスブックの広告は、誰にも言ってないような個人情報まで筒抜けで

例えば、結婚しそうな方に結婚式場の広告が来てしまったり

といったように、ターゲットを細かく絞って広告が出せる、というものです。

そういったデータを分析して活用しよう、というのがデータエコノミー。

確かに、ターゲットを調べて、それに基づいて狙った広告がうてれば、

無駄な広告費をかける必要はありませんしね。

化粧品の実験では、内向的な性格のかたには、控えめな宣伝、

外交的な人には、みんなの目はくぎ付け、といった派手な宣伝をしたら

成約率が50%も変わったと。

1.5倍の効果ってことですよね。無茶苦茶すごい。

つまりは、こういったユーザーの心理や性格までもが、

SNSなんかの情報ですべて筒抜けになってしまう、という恐ろしい話です。

書き込み内容から分析できていしまう、ということですね。

記事ではこう言ってます。

問題は、広告をターゲットに売って物を売るのではなくって、

その心理的な操作だと。

トランプ氏がトランプ氏を売るために宣伝をうったそうですが、

それはその内容から批判をあび、破綻したようです。

が、これは何をしたかったというと、

そのデータ分析によってどういったアプローチをすればよいか、というのを

模索したものと思います。

それを選挙でもちいれば、より、ターゲットにあったトランプ像を

民衆につたることができると。

何種類か宣伝内容を用意するんでしょうね。

で、そのターゲット分析から、このターゲットにはこういったトランプを伝えよう、

みたいな話だと思います。

そのデータ分析会社のデータを見ると、家族より知ってるんじゃないか

というほどの内容らしいです。

こわー。

ここまでその人をわかったうえで広告出せるんだったら、

それは売上上がるわな、と。

で、これが厄介なのは、

サイバー攻撃や白金後とは違って、

なんら違法性がない、ということ。

裏でやってるわけではなくて、ただの投票を呼び掛けるための宣伝でしかないと。

こうった、不特定多数に向けて、同じことを言う選挙活動から

ターゲットの性格を熟知したうえで、最適な内容を伝える、というな、

個別のアプローチが無限にできてしまうと。

新宿御苑の貸し会議室の広告は?

今や、民主主義があぶない、とまで結論付けています。

確かに、この方法を使われたら、ちょっとどうにも不利ですよね。

相手の勘所がわかったうえで、無数に、個別にアプローチできるって。

と、まぁ、そういったデータを利用する広告、というのは

すでに今現在は知っているわけですが、

先日もそういったデータの利用について、いろいろひと悶着あったように思います。

どうった理由で規制するのかはわかりませんが。

こうなると、ますますプラットフォーム企業が独り勝ちになってしまって、

他の企業が宣伝広告費を払う以上の何かが生まれてもおかしくないですよね。

先ほどの、トランプの宣伝じゃないですけど、

政治にまでその好みで介入できてしまう、といっても過言ではないかと。

さて、貸し会議室に対して、このデータをどう活かすかって話になりますが、

おそらく、FB広告ではすでにターゲットを絞って広告しているんじゃないでしょうか。

といいつつ、実はFBをやってなかったりしますので、なんとも。。

きっと、勉強会やセミナーをやっている人たちは

FBにガンガン挙げているので、簡単にわかりますよね。その素性が。

きっと、自動でそういったところにアプローチされているはずですが、

やってません!

いかんですねぇ。

それこそ新宿なんて、そういった方たちが五万といそうなのに、です。

ちょっと、真剣にFB広告でも考えようかな、と思った次第です。

関連記事

PAGE TOP