名古屋駅前格安貸し会議室が考える、客船ホテルと五輪後と

名古屋駅前にて格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

JTB、五輪に客船ホテル1000室
不足解消へ誘致 特需後の「過剰」懸念、払拭に一役

ホテル客船をホテルにいしよう、という話だと思いますが。

表題、そのままですね。

地上のホテルが足りないので、客船をホテルしよう、という宿泊プランをJTBが企画したと。

うーんと。

アイデアとしては別にどうということはないので、いったいどうしてこの内容が記事になるのか。

もし、内容もどうということがなければ、JTBが宣伝目的で新聞を使った、という話ですねw

では、内容を。

とおもいましたが、オリンピックなどのイベントでは人が集中するので

そのホテルが賄えない、という話は従来通り。

特に、東京以外の会場である横浜などは、やはり厳しいようで、

ホテルシップがかなり重要になってくると。

また、ホテルシップとなる客船側としても、客船を知ってもらえるということで

結構winwinな関係にあるようですね。

すでにリオ五輪でもこの試みはやっているようで、成功しているみたいです。

日本みたいに海が近ければ、より一層滞在しやすいと思います。

あとは、何でしょう。

寄港する港にも利益が入るのかな?

これだと、県だと科になるのでしょうか。

そういう意味でも、おいしいでしょうね。

法律も一部変更するらしいです。

宿泊業法によると、宿泊室には必ず窓が必要になりますが、

船には窓のない客室もあるようで、ホテルとしては一定数使えない、

という部屋が存在するようです。

そこを、法律を変えて対応できるようにすると。

そこまでやれてしまうって、やっぱりオリンピックというのを見越して

相当客室が足りない、という試算でしょうか。

サッカーワールドカップの場合、日本各地に散らばったんで

そういった話は全く出ませんでしたが、当時はどうだったんでしょうか。

競技数、選手数も含めて、数が違うので、

それだけ違うんでしょうか。

どれだけ来客数が違うのかは、ちょっと調べてないので何とももですが、

関東地区に集中すれば、それは大変なことでしょうね。

名古屋にはその点全く関係ないことですね。

こういう時、リニアが通ってたらどうなんだろう、とおもいますが、

高額な移動料金はらってまで、名古屋に宿泊しないですか。

いや、リニアに乗りたいという人がいて、それをプランにするかもしれませんね。

旅行会社も。

で、記事にはその後も書かれています。

今現在、ビジネスホテルの建設ラッシュになってまして、

オリンピック後にその需要がどうなるかと。

当然、激減ですよね。

オリンピック時は足りないとしても。

私のように、東京の貸し会議室運営と管理で、月に1回行くかどうかの場合、

正直、ホテルが高くてたまらん!ってなりますが、

オリンピック後は、結構すいてて安いのもあってで、良いかもしれませんが、

日本の景気としてはいかがなものでしょうか。

名古屋はあまり関係なさそうですが。

ビジネスホテルといえば、名古屋でも最近結構立ってます。

名古屋駅周辺でも、何棟かたってますから。

弊社貸し会議異質の目の前でも、こんな狭い土地に何建てるん?ってところに

ホテル建てます、というチラシが入ってましたから。

みんなびっくりですw

もともとコインパーキングだったところにですが。

で、首都圏以外ではすでに供給過剰が目立っているようです。

東京、京都ではすでに1万室が過剰、との試算も出ているようでして。

価格競争にい入ったと。

これは仕方ない変化ですよね。

この価格競争に耐えれるかどうか、がやっぱり分かれ道。

弊社の名古屋の貸し会議室も現在は価格競争が激化してますが、それに耐えられるかどうか。

という状況になっているのは否めません。

いつもがいいときばかりではないので、

特需の後に来るこういった波も、考えないといけないですねぇ、と。

旅付きの自分としては、各地のホテルが安くなるのは、うれしいんですけど、

倒産とかするところが増えて、景気が悪くなるのも、どうかなぁ、と。

と、思うこの頃です。



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ