訪日用設備投資

名古屋駅前にて格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

訪日客に向かう設備投資

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

訪日客に設備って、なんでしょう。

ホテルとか、訪日旅行者に利用されるような施設、のことかな?

ちょっとわかりませんが、記事を読んでみました。

 

なかなか先が読みにくい景気の中で、設備投資が善ねんから20%以上も上がったそうです。

設備、と聞くと、工場を増やしたとか、

大型の製造機を入れたとか、そういうイメージになりますが、訪日客に向けて、

ですから、そうではないんでしょうね。

中身をみると、やはり建設、飲食への投資がおおとのことです。

こういうのも、設備投資っていうんですね。

ただ、懸念される点もあります。

中国の爆買い、というのは数年前に終わりましたが、

それでも外国人によるうりあげは、17.3%という数字です。

この13%強の数値、多いか少ないか。

あまり大きくないな、というのが印象です。

あれだけ爆買い爆買いって、山ほど持っていく映像が流れていますが、

しょせんは10%ちょっと。

小売業なんで、売り上げが10%減ると、かなり厳しい、と思いますが。

もともとなかったのだとしたら、どうでしょう。

もう借金して始めちゃった、という日糸には、会社にはつらいでしょうが。。

ただ、どんな事業にしろ、このリスクはなくなりません。

途中ではしご外しちゃった、みたいな。

でもまぁ、10数パーセントではありませうが、純利益が10%の会社だったら

大きな痛手になりますね。

この訪日客がお金を落とさなくなったら、どうなるんでしょうか。

基本的には、飲食、移動手段だったり、旅行系の業種が設けることになりますが。

表題にあるような、いわゆる製造業の設備投資には至りませんので、

他の業種はかわらないのかな?

薬系も変わってくるでしょうか。

ドラッグストアが人気となれば、日本のしっかりした信用のおける医薬品も

十分に売れていると思いますし。

そういう意味では、一言で訪日客、といっても

利用されているシーンは多岐にわたるもんだな、という気がします。

では、中国がその訪日で落としていってるお金はなんなのか、ですが。

それは中国の貿易から入ったお金、とのことです。

昨今のトランプ大統領の関税値上げの話があるとおり、

中国はものすごい貿易黒字を出しています。

そのまわってきた外貨を、また個人がその国に還元していくと。

回ってますねぇ。

これが経済活動ですね。

滞ることなく、回していくと。

ただ心配のが、韓国と中国の関係のように、

何かあると、中国なら簡単に制裁に出てくる、というところでしょうか。

今や旅行業界的には、中国として外には出ていくものの、

中国に来てくれる人が少ない、という悩みがあります。

今は他の業種で外貨を獲得できているので良いのでしょうが、

今後、貿易がトントン、もしくは赤となってしまったときに、

精度として、海外旅行ができるようになるために、

結構なハードルが出てしまいそうで。

そういったリスクを含んでいる、と考えたほうが良いらしいです。

今の中国のリーダーは、ためらうことなく、

そういった動きをしますからね。

日本の動きと比べてしまうと、ものすごく早く感じてしまうのですが、

世界的に見てどうなんでしょう。

やっぱり、早いのかな。

中国の場合、リーダーの一声で決まったうわけですから。

記事ではリーマンショックを例に出していますが、

そうなったとした場合でも、日本はいろいろな分野に投資がばらけているのも事実で、

中国が締め上げてきて、訪日がちょっと傾いたとしても、

それほど影響がないのでは、という話でした。

わかりりませんね。

で、わが、名古屋駅前の貸し会議室を考えた時に、

この訪日客への設備投資がどうなるか、ってはなしです。

基本的にどうにもならないのでは、と思いますが。。

訪日ですよね。

会議はするはずないですし、荷物置き場、くらいですか?

ただ、名古屋は訪日客自体が他県と比べて圧倒的に少ないと思われます。

いまだに日本人の観光客すらあまりいないわけですからね。

レゴランドだって、不発ですw

そんな中で、貸し会議室としてどうするかっていうのが無理がありますね。

荷物置き場だったら、相当安くするしかありませんが、

使われていないようなら、いくらでおOKでしょうか。

以前、移動ロッカーといって、車で荷物を預かって、

というサービスをやろうか、という話を見たことがあります。

ただ、これもハードルがたかくって、

路上でやるわけなので、ショバダイが必要だと。

初めは何かの情多段かな、と思ったんですが、これ、ほんとに必要らしくって。

次に、ショバダイはほんとにそっちに払わないといけないらしいですが、

そもそも、そんなスペースが借りられるのか、と。

アイデア自体は面白いんですが、ちょっと現実的ではなかったかな、というところでした。

儲けがね。。

ワンコインであづかったとして、自動車としたら軽トラにしても数に限りがでてきます。

それに対して自動車への投資だとか、人件費だとか。

そういうのを考えた時に、もうかるかな、と。

サービス内容としてはよいですが。

それを考えると、移動しない貸し会議室、という設備ですが、

部屋があいているときにそういうものの受け入れが得着ても面白いですね。

せっかく名古屋駅からすぐ近くですし。値段は安くてもかまわないと。

ただ、何度も言うようですが、名古屋駅周りに観光の外国人あまり見ない、

というのがそもそもの致命的な部分ですね。

たまに見るかな。

ホテルの前にチェックアウトした人たちが屯っているのが。

それくらいかなぁ。

それにしても、名古屋ももっと外貨を手に入れないといけないですね!

名古屋駅の備品無料、格安貸し会議室 名駅セミナーオフィスでした!



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ