ウィスキ~は、お好きでしょ?

名古屋駅前、備品無料の格安貸し会議室「名駅セミナーオフィス」です。

セミナーや説明会、会議や勉強家に必要なプロジェクター等、備品類は全て無料になっております。
時間貸料金のみと格安設定にてご提供いたしております。

2019年1月現在、9~45名収容の会議室が計6室ございます。

名古屋で貸し会議室をお探しの際は、是非、弊社貸し会議室もご検討ください!

さて、その貸し会議室運営もなかなか難しいもので、いろいろな情報にて
運営するための考察をいろいろやっている次第です。

さて、今回の記事は、

限定ウイスキー アサヒが若者開拓
需要急伸、原酒不足が課題

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

ハイボールはウィスキーと認識されているのか?

アサヒビールが本格派のウィスキーの顧客発掘に力を入れているそうです。

きっかけはハイボール。ハイボールはヒットしてますよね。昔からあったと思うんですよね。

なんでそれが今ブレイクしたのか、というのはマーケティング的には非常に興味があるところです

が、私自身そこまでお酒が好きなわけでなく、お酒の種類に無頓着というか、歴史とかも興味があまりないので、多くを語れませんが。

あと、ハイボールブームは日本人特有のもののようにも思います。それはまぁ、市場がわかれてるから、でしょうか。

で、ハイボールがお酒離れが進んでいるといわれる20~30代に受けているということですが、そもそも、ウィスキーである、という認識はあるのでしょうか。

自分たちでウィスキーを炭酸でわってつくる、というよりは、

居酒屋でハイボール、という飲み物を注文した、といいう感覚のようにいおもいますが、どうなでしょう。

コンビニにいっても、缶のハイボールという商品はみますが、ウィスキーのボトルはなかなかみません。といういか、選んでいる人を見たことがありません。

となると、ハイボール=ウィスキーのソーダ割、という認識はあまりないのかな、という気がします。

かつて、私が若かりし頃に同じようにチューハイが流行りましたね。

焼酎をソーダやジュースでわったもので、酎ハイを飲みやすーくしたもの。今でももちろんありますが。昔はもっと飲まれていたように思います。

あれも、居酒屋でたのんでも、焼酎とジュースとでは出てきませんから、わかいころは焼酎という認識はほぼなかったですね。

で、アサヒビールがもくろんでいるように、チューハイから焼酎に入った、という感覚はほぼないです。

焼酎は比較的飲んだりしますが、その入り口は今も忘れない、徹夜マージャンで飲みながらやってた吉四六という麦焼酎があまりにも飲みやすくて、そこから入りました。

やっぱり焼酎は焼酎がきっかけで入っていった、という感じでしょうか。

ハイボールの成長曲線を考えてみる

さて、自分の感覚や経験だけを話してたって一般的には何ら意味がない話です。

そこで、ハイボールの成長曲線を考えてみます。日本限定で。

まずは、ハイボールという飲み物の定義ですが、広く言えばかなり広くなってしまうので、

ここで扱うのはウィスキーのソーダ割、と限定しましょう。

で、このハイボールがいつ日本人に認識されるようにいなったかといえば、戦前から。

とはいっても、その時代ではマーケティングも何もなので、置いといて。

戦後はウィスキーが手に入らないというのもあるので、昔からあるものの、マニアックな飲み物

であった可能性は十分あります。

導入期をここに設置します。マニアックな一部な層が楽しんでいたハイボール、として。

で、それが一気にメジャーになったであろうのは

小雪がバーでハイボールを作る「ウィスキーはお好きでしょう」のCM。

あれがやはり広まるきっかけだったようです。

あとは、ビジュアルもよかったんでしょうね。金色の液体にソーダの爽快感があって、って。

これが成長期、ぐいっと知名度が上がるわけです。

で、それをどんどん広めていった最盛期になるわけですが、それがもう各社いろいろなウィスキーでもってハイボールを販売しだしたりしたわけですね。

で、おもったのが、缶ビールならむ缶ハイボールが出てきたのはいつなのか、と。

今だと棚に何種類ものハイボールが並んでます。私には違いが判りませんw

一応、元のウィスキーによって味がちがってくるのかな?

はじめはウィスキーそのものを売るためにCMも打ってましたし、居酒屋に並べるのはウィスキーのソーダ割としてだと思います。

それが缶でできあがったハイボールとして売られだしたのも一つの転換点ではないでしょうか。

気軽に誰でも選べるように、そして値ごろな価格で。

ここが衰退期に入ったというところでしょうか。

いろんなメーカーが出し始めた、というのもそれにあたると思います。

で、このなかからウィスキーがどうかかわってくるのか、になります。

当初、小雪のCMでは、ウィスキーはお好きでしょ?だったんですが、ハイボールが受けちゃったんでハイボールの知名度があがっちゃった、という気がします。

もうウィスキーは商品としてその後でてきません。

サントリーからしたら、ウィスキーが商品です、と主張するでしょうが、市場の認識は、ハイボールです。

ハイボールという名前が成長曲線にのっちゃったと。

じゃぁ、今度どうやって売るか。

ハイボールが衰退期にはいっているのは好都合。

そこから別路線の商品としてどうウィスキーを前面に出すか。

むつかしいですね。

ウィスキーという名前自体が、すでに成長曲線を作っていると考えると、ハイボールから独立するにはなにかまたネーミングが必要に思います。

ハイボールの場合、まだマニアックな名称であったがゆえに、成長曲線が伸びることになったと思われます。

市場の認識として。

ウィスキーの場合、その名称はだれでも知ってます。

いってみいれば、衰退期商品です。

ただ、その成長曲線があまりにもなだらかだし、山が小さいので(大ブレイクしていない)、衰退期だからといってすぐになくなるものではないでしょう。

あるいは、最盛期の調停でとどまっている状態化もしれません。

そんれをいまさらウィスキーの●●といっても、市場への浸透はちいさいかなぁ、と。

なので、ウィスキー自体を味わう飲み方というのに何か名前を付けないと、いけないように思います。

ロックやストレートで飲むウイスキーの飲み方がキャッチーになるように。

「ウィスキーはおすきでしょ?」とハイボールを見せたような、なにかこう、キャッチーな感じが。

市場に改めて受け入れられるような売り方がないか、と。

それを考えるのがコンサルですが、コンサルではないのでw

おまけに、さも知ったような口をきいてますが、これはあくまで成長曲線から考えられる考察だけであって、正解なんてことは、絶対にいいません。

正解は市場のみ知る、です。

そのネーミングをどうするか、というのは、きっと考えればいろいろとアイデアでるんじゃないのかなぁ、と思いますが。

プロセスコーチングだとすると、あとはサントリーさん、アサヒさん、考えなよ!ってなりますね。

名古屋駅の備品無料、格安貸し会議室 名駅セミナーオフィスでした!



コメントを残す

サブコンテンツ
























名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ