名古屋の貸し会議室は考える「貸し空間はニーズかウォンツか。それに誰だお金を払うのか」

こんにちは。

名古屋で貸し会議室を運営しております「名駅セミナーオフィス」の支配人、中嶋です。

愛知県は名古屋市、名古屋駅でもっとも格安料金にて貸し会議室をご提供させていただいております。部屋の時間料金だけでなく、プロジェクターをはじめとする備品類もすべて無料、また他の会議室にはない備品も充実しており、大変ご好評いただいております。

→ 名駅セミナーオフィス 料金表

 

大小2会議室からなり、45名までのセミナーや説明会から、少人数の打ち合わせ、商談、勉強会にも最適なお部屋をご提供させていただいております。

名古屋駅から徒歩5分ほどの立地にて、東海地区のみならず、関東、関西、九州方面からのお客様のご利用も多くいただいております。

 

やっぱり名古屋なら名古屋駅しかできない?

 

さて、先週から今週頭にかけて、ある研修に行ってまいりました。

浜名湖ロイヤルホテルに缶詰めになって、総勢300人ほどの参加者と一緒に、いろいろな出来事を体験させていただきました。これくらいの規模になりますと、もう運営側もイベント業者がきたらいなど、大変なことになっています。

一般のお客様は、口がぽかん、ですね。正直怪しい宗教団体か?っておもってたことでしょう!まぁ、或る意味宗教団体に近いですね。教祖様がいて、それに学ぶ、みたいな。

研修スタッフ様やホテルの関係者様にはかなりお世話になりまして、感謝の気持ちでいっぱいですね。このような大きな貢献ではなくとも、弊社の身の丈に合った貢献をし続けていればと思います。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、姿勢があっても、コンテンツがなければいけないので、日々勉強はしておりますが、このような記事が目に留まりましたので、ご紹介します。

またしても私がやりたいな、と思っていたことがはやっているらしいといった内容でしたので。はやく名古屋でこれ展開したいな、なんておもったりしています。

名古屋駅周辺でやったら、ゆったりと落ち着けて、電源とネットが入って、ワンコイン。この条件が満たせるお店は名古屋駅周辺にはなく、入るんじゃないかなぁ、と勝手に妄想しております。

 

「都心に書斎 月1万円 快適空間でスキルアップ」

記事の内容は大体こんなところです。

大人を対象とした有料自習室が大都市圏を中心に広がっているそうです。自宅や図書館以上に集中できる快適さや雰囲気の良さ、利便性にこだわっていると。

アークヒルズライブラリーには仕事帰りの会社員らが集まってくると。その会員数は700人近く。料金は月会員で1万円前後が多いようです。

月1万円の会員が700人近くもいたら、月700万円となりますね。すごいですね!これは、やらない手はない!なんて正直思ったりしますが。実際にやっれとなると、なかなかどうして。プレッシャーなどもあり、むつかしいですよねぇ。

会員をとるのであれば、どうしたらよいでしょうか。その宣伝方法がわかれば、また一つ課題がクリアできるように思うのですが。何しろ、やりたいのはやりたいと考えております。はい。

 

果たして自分空間はニーズになるのか、ウォンツになるのか

 

自習室する場所の椅子は座り心地とデザイン性を重視し、蔵書にはビジネス書を中心として1800冊。食事や飲み物を片手に読書も可能。

利用者の声は、「書籍代を考えると、元が取れる」そうだ。

グランデスクは東京駅などの主要駅近くに立地しているため、仕事帰りに利用しやすい。試験資格や留学に備えて勉強する社会人が多いとか。指定席も用意している。

大阪を中心に展開する自習室プラスは年中無休の24時間利用が売り。カードキーシステムや防犯カメラを備え、安全面を考慮している。

それぞれ、特徴を持っているようですね。この場合、対抗となるものは一体どういった業種になるのか、もひとつのポイントになるように思います。私がすぐに思いつくのは、スタバやプロントといった電源の使えるカフェでしょうか。

あいにく名古屋にはルノアールがないので、おそらくはこの2社がメインでしょう。ただし、それでも名古屋駅周辺という意味では、電源とネットの二つの条件はクリアできないのが正直なところです。

やはり立地的に付随サービスとして展開するには、お客様の回転率といった点でも、提供がむつかしいのでしょうか。

 

多くの流量自習室は月単位の会員性が中心だが、1時間や1日単位でも利用できる場所もある。入会する前に、「試しに使ってみる」という人が多いとか。

有料自習室では、快適さや静かさだけでなく、「お金を払っている以上、まじめに勉強しなければ」といった雰囲気があり、資格を目指す社会人のため、大人を対象に広がっている。

確かに、お金をはらってまで勉強したいといった心理はわかる気がします。私も宅建の資格をとるのに、勉強する場所がまずないというのが困ったものでしたが、最終的にはこういった施設に近い場所を利用した経緯もあります。

やはりスタバやマックといったところでは、勉強するにはちょっとうるさいんですよね。雰囲気が遊びすぎているというか。カフェや飲食なんで、当然ですが。

そこを大人、もっというならサラリーマンのみをターゲットとしたお店であれば、そういった人たちが集まってくるのかな、とも思います。またそういった向上心が高い人たちであれば、月1万円でスペースを確保できるのであれば、やすいと思うのでしょうね。

私としては、小規模でよいので、住宅街につくったらどうなるか、といったことも考えたことがあります。

人が集まるか、という最大の問題は、やはり主要駅のほうが当然よいと思いますが、住宅街、特に新興の住宅街であれば、まだそれなりい若くてお子さんをお持ちの、家では何もできないといった方も多そうですし、ちょっとお年を召されている方でしたら、金銭には余裕があって、妻の視線を感じない静かで一人になれる場所、を提供するのもどうかな、などと。

これまあくまでニーズウォンツとで考えた場合、ウォンツになってしまうので、どうやってお客さんを引っ張るかはむつかしいですね。

ただ、お客様の声で書籍代をペイできる、というのもありました。これなら書籍がニーズとなっているお客様にとっては、ニーズ商品といった位置づけになるのでしょうか。果たしてそういった考えのお客様がどれほどいるのか。

そのあたりはマーケティングでしっかり見極めないといけないところでしょう。

 

それでは、名古屋でセミナー、ミーティング、説明会などを企画してみえましたら、是非、貸し会議室「名駅セミナーオフィス」をご利用ください。

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

名駅セミナーオフィスTOPへ

 



コメントを残す

サブコンテンツ













名駅 ランチ 情報




このページの先頭へ